藤掛 洋子
海外研究スタジオ

藤掛 洋子

FUJIKAKE Yoko
専門分野
文化人類学・開発人類学・ジェンダーと開発、パラグアイ地域研究
受験生・学生へのひとこと

『答えは現場にあり、ともにフィールドに出よう』

20年以上、国際協力や開発援助に政府系・非政府系の双方から関わっています。ラテンアメリカ諸国での研究実践が多いですが、アジアやアフリカ、大洋州でも仕事をしています。学生さんたちとはパラグアイやブラジル、大洋州でともにフィールド調査や国際協力の実践を行っています。

いつも思うことは「答えは現場にある」ということです。

本から学ぶことも大切です。同時に本に書かれていないことを現場から吸収してほしいと思っています。現場には、本では得ることのできない多様なリアリティがたくさんあります。例えば、美しい花の匂い、鼻を覆いたくなるようなスラムの臭い、訪れた地域で生きる人々の苦しみや笑顔、建設を支援させて頂いた小学校の子どもたちの笑顔、フィールドにでることから蘇ってくる日本人の私たちがいつのまにか置き忘れてきてしまった多くの感情、美しい自然、壊れてしまった自然、灼熱の太陽、きらめく南十字星と流れ星...数え上げればきりがありません。

日々変わりゆくフィールドの日常を知り、学び、複眼的思考を繰り返すことからみえてくる自己と他者があります。

私たちと一緒に、そして一人で現場に飛び出して自分の感性を磨くとともに、自分なりの理論と実践を見つけて下さい。そして自分の生きる道、すなわち「私は何をしたいのか、どう生きるべきか」を模索して下さい。フィールドでも是非一緒に語り合いましょう。いつも応援しています。

主な担当予定科目
パラグアイ事情、ジェンダーと共生(開発)、海外研究基礎論、
開発人類学講義、開発人類学演習、海外研究スタジオ、課題演習、卒業研究
リンク